吉たこ なんばグランド花月 さま
 
 
 
店舗効率化と非対面対応を同時に実現! 
 

21.5インチの注文受付パネルを2台、スタンドタイプで設置。
注文がそれぞれ2台で受けられるので、待ち時間が短縮。非対面で注文が受けられるため、健康リスクの低減も同時に実現
 
 
 
 

真鶴ピザ Kenny さま
 
 
 

21.5インチの注文受付パネルを2台、壁掛けタイプで設置しました。

トップ画面から店内、テイクアウトを直感的に選べます。
注文後はセルフレジで現金会計の他に、注文タブレット上でQR決済も可能です。

 
 
 
 

うどんのことのは さま
 

 
 

21.5インチの注文受付パネルを2台設置しました。

ご一緒にいかがですか?の画面表示でうどんと一緒にトッピングやご飯ものをレコメンドしています。

 
 
 
 

焼きあご塩ラーメン たかはし さま
 
 
 
ホールスタッフ、ゼロ。
回転率が上がり、トッピングの出数が伸びた。
 

 12卓に注文端末を設置しセルフレジにする事により、ホールスタッフ0を実現。
注文時間が短縮されたため同時の注文数が多くなったものの、接客の必要が無くなり、調理に集中できるようになったことで、キッチン人数そのままで提供時間を短縮できるように。
結果としてテーブル回転率向上が実現。導入前と比べると激的にトッピングの出数と追加注文を増加させることに成功しました。
 
 
 
 

吉たこ なんばグランド花月 さま
 
 
店舗効率化と非対面対応を同時に実現! 
21.5インチの注文受付パネルを2台、スタンドタイプで設置。
注文がそれぞれ2台で受けられるので、待ち時間が短縮。
非対面で注文が受けられるため、健康リスクの低減も同時に実現。

 
 

真鶴ピザ Kenny さま
 
 
21.5インチの注文受付パネルを2台、壁掛けタイプで設置しました。
トップ画面から店内、テイクアウトを直感的に選べます。
注文後はセルフレジで現金会計の他に、注文タブレット上でQR決済も可能です。
 

 

うどんのことのは さま
 

 
21.5インチの注文受付パネルを2台設置しました。
ご一緒にいかがですか?の画面表示でうどんと一緒にトッピングやご飯ものをレコメンドしています。

 
 

焼きあご塩ラーメン たかはし さま  
 
 
 
ホールスタッフ、ゼロ。
回転率が上がり、トッピングの出数が伸びた  
 12卓に注文端末を設置しセルフレジにする事により、ホールスタッフ0を実現。

注文時間が短縮されたため同時の注文数が多くなったものの、接客の必要が無くなり、調理に集中できるようになったことで、キッチン人数そのままで提供時間を短縮できるように。結果としてテーブル回転率向上が実現。導入前と比べると激的にトッピングの出数と追加注文を増加させることに成功しました。

 
 
 

 
 
よくある質問 
 
 
使い方について
 
 
後払いセルフレジとして使用したいのですが、後会計にも変更可能でしょうか?

後会計にも設定変更できます。
全卓にタッチパネルを設置し、会計伝票にQRコードを印字する事によりセルフレジとしてお使いいただくことも可能です。
 
 
 
セミセルフレジとしての使用は可能ですか?

セミセルフレジとしてもお使いいただけます。
e-menu Ticketは、券売機として、後払いセルフレジとして、そしてセミセルフレジとして、3WAYで使用できる柔軟な対応力が持ち味です。
 
 
 
後払いセルフレジとして使用したいのですが、後会計にも変更可能でしょうか?

個別会計ももちろん、お客様のもとで完結できる仕様になっております。
操作はまず、個別会計ボタンを押していただき、次に個別に払う商品を選択するという2STEPでカンタンなものです。 どんな年代の方でも使いやすいデザインです。
 
 
 
クーポンの読み取りはできますか?

クーポンの読み取りも対応しています。
販促企画にぜひご活用ください
 
 
 
お持ち帰り機能はついていますか?

お持ち帰り機能にも対応しています。
カンタンに設定可能ですので、今後、テイクアウト事業への展開をお考えのお店にもオススメです。
 
 
画面レイアウトについて
 
 
メニューの変更や追加は、店舗側だけでできますか?

もちろん、ご購入者様だけでいつでも・カンタンにメニューの更新をしていただけます。
 
 
仕様について
 
 
クラウドサービスのオーダーシステムとの違いは何ですか?

クラウドはインターネット上にデータを置くので、インターネット不通時やAWSといった、世界的なサーバーダウン時には使用ができなくなる危険性があります。そのためクラウドオーダーシステムは、頻繁に使う飲食店システムには不向きです。
これに対し、e-menu Ticket はインターネットから隔離された店舗内だけで使えるシステムを採用しているため、もしもの時にも使えなくなる恐れはありません。
 
 
 
POSレジやオーダーシステムの画面をiPadで対応することに問題はないのでしょうか?

iPadは業務用に作られていないため、落とすと割れたり過充電を続けると電池が膨張したり、アップグレードが頻繁にあるので利用頻度の高い繁盛店には不向きと言えます。
これに対し、e-menu Ticketは、オーダーシステムの端末において、独自にカスタマイズしたLenovo製のアンドロイド端末を推奨しています。
 
 
 
lenovo端末の故障率はどのくらいですか?

前年度の故障率は、弊社での実績で1.1%台です。
世界シェア1位を誇るlenovoのタッチパネルは、国内でも官公庁・大手企業が導入していることからも裏付けられるように、故障が極めて少ない非常に安定した端末であると言えます。
 
 
 
タッチパネルのバッテリーの寿命は何年ですか?

液晶パネルの寿命自体が3年なので、バッテリーも3年使えるように設計されています。
3年のうちにバッテリー交換は発生いたしません。
 
 
 
硬貨・紙幣の収容枚数は?

硬貨は、500円-105枚・100円-160枚・50円-120枚・10円-160枚・5円-120枚・1円-160枚
紙幣は、1万円-100枚・ 5千円-100枚・ 千円-200枚
収容することができます。
 
 
 
入金された硬貨や紙幣はリサイクル可能ですか?

可能です。
 
 
 
インバウンド対応はしていますか?

英語対応が可能な上、一目で「どんな食べ物なのか」が分かりやすい画面レイアウトなので、外国の方も説明いらず
でお使いいただけます。また、アレルギー表記やヴィ―ガン向けなど、確認事項やおすすめ事項も画面に落とし込むことができるので、
お客様から呼ばれて接客対応する必要もありません。
 
 
導入コストについて
 
 
導入コストはどのくらいですか?

ランチタイムの繁忙期によく見かける、券売機前のお客様の行列からお分かりいただけるように、一台の券売機だけで行列を消化するのは、とてもできるものではありません。
「並んでいるから、他のお店に行こう」と、せっかく来ていただいたお客様も他店に流れてしまい、機会損失を生んでしまっていることが考えられます。
現状の券売機の問題点を踏まえ、e-menu Ticketでは、追加注文パネルの低価格化を推し進めました。
通常の券売機だと2台導入するのに300万円ほどしますが、e-menu Ticketなら追加費用は29,800円、導入コストが2分の1に抑えられます。
ぜひ、2枚ご導入いただき、行列消化にお役立ていただきたいと思います。
 
 
導入後のサポートについて
 
 
障害時のサポートはどうなっていますか?

全国24拠点・24時間365日対応で、全国のチェーン店様の店舗をサポートしています。
サーバーやタッチパネルが自然に故障する事はほとんどありません。
万が一、システム的な障害が発生した際には、店舗に設置されているサーバーに入り、不具合解消を行います。
 
 

 
 
 
 
よくある質問
 
 
使い方について
 
 
 
後払いセルフレジとして使用したいのですが、後会計にも変更可能でしょうか?

後会計にも設定変更できます。
全卓にタッチパネルを設置し、会計伝票にQRコードを印字する事によりセルフレジとしてお使いいただくことも可能です。

 
 
 
 
セミセルフレジとしての使用は可能ですか?

セミセルフレジとしてもお使いいただけます。
e-menu Ticketは、券売機として、後払いセルフレジとして、そしてセミセルフレジとして、3WAYで使用できる柔軟な対応力が持ち味です。

 
 
 
 
後払いセルフレジとして使用したいのですが、後会計にも変更可能でしょうか?

個別会計ももちろん、お客様のもとで完結できる仕様になっております。
操作はまず、個別会計ボタンを押していただき、次に個別に払う商品を選択するという2STEPでカンタンなものです。どんな年代の方でも使いやすいデザインです。

 
 
 
 
クーポンの読み取りはできますか?

クーポンの読み取りも対応しています。
販促企画にぜひご活用ください。

 
 
 
 
お持ち帰り機能はついていますか?

お持ち帰り機能にも対応しています。
カンタンに設定可能ですので、今後、テイクアウト事業への展開をお考えのお店にもオススメです。

 
 
画面レイアウトについて
 
 
 
メニューの変更や追加は、店舗側だけでできますか?

もちろん、ご購入者様だけでいつでも・カンタンにメニューの更新をしていただけます。
 
 
仕様について
 
 
 
クラウドサービスのオーダーシステムとの違いは何ですか?

クラウドはインターネット上にデータを置くので、インターネット不通時やAWSといった、世界的なサーバーダウン時には使用ができなくなる危険性があります。そのためクラウドオーダーシステムは、頻繁に使う飲食店システムには不向きです。
これに対し、e-menu Ticket はインターネットから隔離された店舗内だけで使えるシステムを採用しているため、もしもの時にも使えなくなる恐れはありません。
 
 
 
 
POSレジやオーダーシステムの画面をiPadで対応することに問題はないのでしょうか?

iPadは業務用に作られていないため、落とすと割れたり過充電を続けると電池が膨張したり、アップグレードが頻繁にあるので利用頻度の高い繁盛店には不向きと言えます。
これに対し、e-menu Ticketは、オーダーシステムの端末において、独自にカスタマイズしたLenovo製のアンドロイド端末を推奨しています。
 
 
 
 
lenovo端末の故障率はどのくらいですか?

前年度の故障率は、弊社での実績で1.1%台です。
世界シェア1位を誇るlenovoのタッチパネルは、国内でも官公庁・大手企業が導入していることからも裏付けられるように、故障が極めて少ない非常に安定した端末であると言えます。

 
 
 
 
タッチパネルのバッテリーの寿命は何年ですか?

液晶パネルの寿命自体が3年なので、バッテリーも3年使えるように設計されています。
3年のうちにバッテリー交換は発生いたしません。

 
 
 
 
硬貨・紙幣の収容枚数は?

硬貨は、500円-105枚・100円-160枚・50円-120枚・10円-160枚・5円-120枚・1円-160枚
紙幣は、1万円-100枚・ 5千円-100枚・ 千円-200枚
収容することができます。

 
 
 
 
入金された硬貨や紙幣はリサイクル可能ですか?

可能です。

 
 
 
 
インバウンド対応はしていますか?

英語対応が可能な上、一目で「どんな食べ物なのか」が分かりやすい画面レイアウトなので、外国の方も説明いらず
でお使いいただけます。また、アレルギー表記やヴィ―ガン向けなど、確認事項やおすすめ事項も画面に落とし込むことができるので、
お客様から呼ばれて接客対応する必要もありません。

 
 
導入コストについて
 
 
 
導入コストはどのくらいですか?

ランチタイムの繁忙期によく見かける、券売機前のお客様の行列からお分かりいただけるように、一台の券売機だけで行列を消化するのは、とてもできるものではありません。
「並んでいるから、他のお店に行こう」と、せっかく来ていただいたお客様も他店に流れてしまい、機会損失を生んでしまっていることが考えられます。
現状の券売機の問題点を踏まえ、e-menu Ticketでは、追加注文パネルの低価格化を推し進めました。
通常の券売機だと2台導入するのに300万円ほどしますが、e-menu Ticketなら追加費用は29,800円、導入コストが2分の1に抑えられます。
ぜひ、2枚ご導入いただき、行列消化にお役立ていただきたいと思います。

 
 
導入後のサポートについて
 
 
 
障害時のサポートはどうなっていますか?

全国24拠点・24時間365日対応で、全国のチェーン店様の店舗をサポートしています。
サーバーやタッチパネルが自然に故障する事はほとんどありません。
万が一、システム的な障害が発生した際には、店舗に設置されているサーバーに入り、不具合解消を行います。

 
 

 
 
 
 

 
最短2週間で導入可能!
お急ぎの方はご相談下さい。

 
 
 
 

 
最短2週間で導入可能!
お急ぎの方はご相談下さい。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

 
【銀座ショールーム】
〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目5−7 ニュー ギンザ ビル 6 号館 7 階

 
【名古屋ショールーム】
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1丁目7−34 ステージ錦1 7 階